ランナー膝 について

「ランナー膝」とは、主に 腸脛靭帯炎 のことをさします。 腸脛靭帯は、骨盤から膝の少し下まで足の外側を伸びる靭帯で、その靭帯と足の骨が擦れる事によって靭帯に起こる炎症の事です。 主な原因は、オーバーユース(使いすぎ)です。 骨盤から始まる筋肉が合わさって腸脛靭帯に繋がります。 その筋肉が硬くなる事で靭帯の張りが強くなり、骨との摩擦が生まれ、膝を曲げた時に膝の外側に刺すような痛みを感じます。 たくさん走る人に多くみられる症状です。 ◇腸脛靭帯炎になってしまったときの自己ケア  ・痛みが強いときは安静にする  ・冷やす  ・臀筋(おしり)の痛みの出ない範囲でのストレッチ    大腿筋膜張筋(足の付け根の筋肉)までできるとさらに良い  ・テーピング ◇やってほしくないこと  ・患部を温める(血液循環を良くする行為、お風呂で湯船に浸かる、サウナに入るなど)  ・お酒を飲む  ・痛みを我慢して運動すること 当院では、できるだけ早期に競技復帰できるようストレッチや鍼治療などもいたしております。 また、スポーツ現場の経験が豊富なスタッフによるテーピング、トレーニング、復帰までの間のパフォーマンス維持・向上など のアドバイスもさせていただきます。 大会前などでも最善のサポートをいたします! ぜひ、当院にご相談ください!

関連記事

  1. 足首のねんざ について

  2. 「ストレッチ」のこと

  3. ギックリ腰 について

  4. 筋・筋膜性腰痛(腰椎ねんざ) について

  5. 足首の捻挫について Vol.2

  6. 足首の捻挫について Vol.1

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com