筋・筋膜性腰痛(腰椎ねんざ) について

スポーツ中や日常動作での無理な体勢によって背筋に過剰な負担がかかる場合に発症すると言われてます。 腰椎捻挫もほぼ同じ意味合いです。 症状は、腰椎に沿って発生する腰痛、圧痛や運動時痛です。 慢性の場合は、主に使いすぎによる疲労が原因なので症状として背筋の緊張が高まり筋肉に沿った痛みがあります。 スポーツ活動では、ピッチング、ジャンプ、スイング、背筋・腹筋のトレーニング、回旋、中腰の姿勢から腰にひねりを加えるなどの動作で発生します。 腰に負担のかかる激しい動作に多く起こり、また前傾姿勢の保持(ゴルフなど)や着地時の衝撃(バスケットボールやバレーボールなど)なども腰痛の原因となります。 ◇筋・筋膜性腰痛になってしまったときの自己ケア  ・腰と臀部(おしり)の筋肉のストレッチ  ・体幹コアのトレーニング  ・患部周囲を温めてあげること◇やってほしくないこと  ・患部を酷使するほどの運動  ・患部を過度に伸ばすストレッチ  ・身体を冷やすこと  などです。これはあくまで応急処置ですので、細かく精査し別の症状ではないか比べる必要があります。 一度当院にご連絡をして下さい。

関連記事

  1. 肩こり・腰痛の原因 と 姿勢 について

  2. 「ストレッチ」のこと

  3. 足首の捻挫について Vol.1

  4. シンスプリント について

  5. オスグッド について

  6. 足首のねんざ について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com