シンスプリント について

・走ったり歩いたりするときに痛む
・練習後に痛みだす
・痛みが楽になり練習復帰しても、またすぐに痛くなる
・スネを押すと痛む
・骨がきしむ感じがする
などの症状が、すねの内側や外側に出るスポーツ障害のことを”シンスプリント”と言います。
オーバーユース症の1つであり、繰り返しのランニングやジャンプを過度に行った場合に発症しやすい症状です。
また、痛みがでている状態のまま使い続けると疲労骨折を起こすこともあるため注意が必要です。



シンスプリントの痛みを引き起こしている原因は「筋肉」にあります。
すねの周りにはヒラメ筋、腓腹筋、前脛骨筋などさまざまな筋肉が付着しています。
“ヒラメ筋”は、走ったり歩いたりジャンプをする時に使う筋肉です。
その動作をする度に強く緊張をして、すねの骨膜(骨をおおっている膜)を引っ張ります。
この緊張が強く起こり、強い牽引力で引っ張り続ける状態が続くと、引っ張られている骨膜が耐えきれずに炎症が起きて痛み始めるのです。
過度の運動量、薄く硬いシューズ(かかとの摩耗)、O脚、扁平足、下腿三頭筋の柔軟性低下、股・膝・足関節の柔軟性低下、足関節可動制限などが発生の誘因となります。



◇シンスプリントになってしまったときの自己ケア
 ・足底部のケア、青竹(ゴルフボール)踏み
 ・足の甲側の指の間をマッサージ
 ・痛みのある部分へのアイシング
 ・体幹コアのトレーニング

◇やってほしくないこと
 ・痛みを我慢して酷使し続けること(疲労骨折につながります)
 ・痛みがある部位を温める事
 ・自己判断での運動再開
 などです。


当院では最新の治療器を用いてシンスプリントの治療しております。
数回の治療で症状を改善させることができる場合があります。

一度、当院にご相談下さい。

関連記事

  1. 足首の捻挫について Vol.2

  2. 足首のねんざ について

  3. 肩こり・腰痛の原因 と 姿勢 について

  4. スタッフご紹介!

  5. 羽多野式ハイボルト

    【羽田野式ハイボルト治療】痛みの軽減に特化した画期的な治療法…

  6. オスグッド について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com