オスグッド について

オスグッド(オスグッド・シュラッター病)とは、スポーツを活発に行う10~16歳の子どもの発育期に多くみられる症状のひとつを指します。
跳躍やボールを蹴るなど、膝を伸ばす力の繰り返しにより大腿四頭筋が収縮し膝蓋腱付着部の脛骨粗面の成長軟骨部を引っ張り続けることで剥離してしまいます。
その剥離によって膝の下に隆起が生じ激しい痛みを伴います。 炎症症状は患部を安静にすることで治まりますが、運動再開時の強度に注意をしないと再び痛みが強く出てしまうため注意が必要です。



◇オスグッドになってしまったときの自己ケア
 ・痛みが出ない範囲で太ももの前、膝、股関節のストレッチ
 ・練習や試合後のアイシング
 ・患部周囲を温めてあげること
 ・足底部のケア、青竹(ゴルフボール)踏み  ・体幹コアのトレーニング
 
◇やってほしくないこと
 ・痛みを我慢して酷使し続けること
 ・ウォームアップをしないで運動すること
 ・身体を冷やすこと
 ・自己判断での運動再開
 などです。



当院では最新の治療器を用いてオスグッドの治療しております。
3~5回程度の通院で痛みを改善させることができる場合があります。

一度、当院にご相談下さい。

関連記事

  1. 桜満開

  2. 「ストレッチ」のこと

  3. 足首の捻挫について Vol.1

  4. 【MIインパクト】骨格矯正や慢性痛に効果を発揮する治療器を導…

  5. 足首のねんざ について

  6. 足首の捻挫について Vol.2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com